Archive for the ‘スタッフブログ’ Category

コラムに「スタッフブログ」をアップしました

こんにちは!
歯科衛生士 森田です。
オープニングスタッフとして入社し、15年が過ぎました。
最近では私の顔や名前を覚えていてくださる患者様もいて嬉しい反面、まだまだ知識不足なところもあり日々学ぶことばかりです。
8月もそろそろ半ばになり、猛暑が続きますが皆さん夏バテはしていませんか?
私はつい冷たいものや喉ごしのいいものに手が伸びてしまします…
しっかりと栄養をとって体調を管理しないといけませんね!
栄養をとるために必要なもの、それはしっかりと『噛める歯』です!!
筋肉や骨を作るのに大切なタンパク質の多いお肉や魚、ビタミンの豊富なお野菜や果物など栄養素がたっぷりの食品は繊維質であったりしっかりとした歯ごたえがあったり。
丈夫な歯があるからこそ食べられるもので、歯の健康が失われつつある患者様の中にはそれらのものが食べにくくなってきた…と相談してくださる方がたくさんいらっしゃいます。
歯周病により歯の周りの歯ぐきや骨が減ってしまうと自然と歯は揺れやすくなり、食べ物を咀嚼するのに充分な力を入れて噛むということが難しくなります。
そうすると人は次第に噛みやすく、飲み込みやすい柔らかい食べ物だけを選んでしまいがちです。
そのほとんどが炭水化物を中心とするもので食生活が徐々に栄養不足に傾いてしまいます。
そうなると歯の健康だけではなく、全身的な健康を保つことも困難になることもあります。
人はほとんどの栄養を口から摂取しますのでその口腔内が不衛生であったり不健康であっては全身の健康は叶わないと私は思っています。
最近では高血圧や糖尿病の改善にはまず口腔内が清潔に保たれていることが重要だ、ということもわかってきました。
当クリニックに通院してくださっている患者様にはそういったお話を何度もさせて頂き、まずは歯周病とはどんな病気か…や、噛めるということがどれほど大切なのかという事をまず知っていただけるようにさまざまなツールを利用しわかりやすく説明していきます。
昔に比べると歯医者さんに定期検診に来てくださる方はたくさん増えました。
ですがまだまだ、子供の頃に痛い思いをしたり、トラウマになった経験から歯医者さんに長年行けずに困っておられる方もたくさんいらっしゃいます。
そういった方が勇気を持って当院にいらしてくださった時に少しでも安心してお口の中をお任せ頂けるよう、スタッフ一同笑顔でお待ちしております(^^)
お口の中に少しでもお悩みの方はぜひ私たちにご相談ください♪
先日スタッフで焼肉屋さんへ!
たくさん食べてスタミナつけてきました(^^)v
フレンズ歯科クリニックのスタッフは元気いっぱいで皆様をおまちしております(笑)!

コラムに「猫」(スタッフブログ)をアップしました

こんにちは(^-^) 受付助手の内園です。
私事ではありますが、昨年から猫を飼っています。雑種の♂で名前は「コタロー」です。
コタローとの出会いは、実は当院の駐車場でした。スタッフの車のタイヤの横に隠れていたのを一時保護するつもりで預かったのですが、ほんとに可愛くて可愛くて…そのまま我が家のコになりました。
生まれた時が分からないのではっきりとは言えないのですが、保護した時でだいたい2、3ヶ月くらいかなと獣医さんに言われ、体重も800gくらいしかなくガリガリでした…。4ヶ月経った今は体重も2.5kgまで増えて、元気に家中を走りまわり、朝も餌をもらうため猫パンチして起こしてくれるくらい食欲旺盛です。
私はペットを飼うのが初めてのため、インターネットで事あるごとにあれこれ調べてたのですが、実は猫も人間と同じで乳歯から永久歯に生え変わるのです!皆さんご存知でしたか?

猫の場合、個体差はありますが、だいたい月齢が3~6ヶ月位で生え変わります。しかしながら猫の生え変わりに気づくことはなかなか難しいとのこと。なぜなら乳歯が抜けた所がしばらく穴の開いた状態になってしまう人間と違って、猫はまだ乳歯が生えているところに永久歯が生えてくるので、物を食べるのにも不自由はなく見た目にも気づきにくいのです。また、抜けた乳歯は猫がそのまま飲み込んでしまう場合がほとんどだそう。ちなみに飲み込んだ乳歯はそのまま便として排出されるので問題はありません。なので猫の抜けた乳歯を見つけるのはなかなか難しいそうです。

しかし幸運ながら、コタローの乳歯を手にすることが出来ましたー!少し前からコタローからなんか口臭がする…と思い口の中をみてみると、右下(犬歯)に揺れている乳歯と半分くらい生えた永久歯があったので、もうすぐ抜けるのかな?と思っていたら、翌日たまたまカーペットに落ちているを発見しました!また別の日にも見つけて計3個、記念に残してます。

(分かりづらくてすみません…)
コタローもこうやってどんどん大人になっていくんだなーと、なんか我が子の成長を見守る世の中のお母さんの気持ちが分かった気がしています。
乳歯が抜けて永久歯が生えるのに個人差があるものと分かってはいるのですが、生え変わる時期や生える順番、場所が人と違うと不安になりますよね?そういう時はインターネットで調べるのも良いですが、「百聞は一見にしかず」です。検診に来てお口の様子を診せていただき、不安に思う事を私どもにご相談いただければ…と思います。
当院と一緒に将来がある我が子(我が猫?)の歯をしっかり守ってあげましょう!

歯科技工士とは(スタッフブログ)

こんにちは!朝夜が涼しくなり過ごしやすくなりましたね。たまに蒸し暑いときもありますが
体調は崩されてないですか?

歯科助手の田中です。

今回のブログ内容は、、、
前回先輩が歯科衛生士について書いてましたので私は歯科技工士について書きます。
実は私は助手として働いてますが数年前までは歯科技工士として技工所で働いておりました!

みなさん技工士って何?って思うかもしれませんがお口の中みてみると差し歯、詰め物、入れ歯など入ってませんか??
それを作っているのが技工士さんです(^^)
技工士ってどうやったらなれるのか軽く説明しますね(*´∀`)♪

高校卒業したあとに専門学校2年間通います!
国家資格をとり就職です!
専門学校のあとにトレーニングセンターといってさらに上の学校を目指す子もいます。
大学でいうと大学院みたいなものですね(^^)
就職先は技工設備のある歯科もしくは歯科技工所です(^^)
あまり目立つ職業ではありませんがやりがいのある職業です!!今技工士が不足しているみたいです、、、(´;ω;`)
年齢も関係ないので気になる人は聞いてくださいね(^^)

次はどうやって作ってるのかというと
歯医者さんで粘土みたいなもので歯形をとりますよね?
その歯形が技工所へきます!
そこから模型を作り~差し歯や詰め物だと専用のワックスを模型に盛っていき歯の形を作ります。それから鋳造します。出来上がったものを模型上で細かく調整して綺麗に磨きあげます(^^)

次は入れ歯です!!
これも一緒で模型作りから始まりクラスプ(歯にひっかける金具)を作ったり歯を並べたり、、、。
高さ決めを~ってなるときはレジンでベースプレートというものを模型上で作りその上にワックスの土台を作ります。だいたい技工所で模型に合わせて高さをいい感じにしてますがあとは歯医者で口腔内で院長先生に調整してもらいその高さで歯を並べて歯茎の部分を作り完成という感じになります!(鍋でたき、ワックスの部分を歯茎の色ピンク色(レジン)に置き換えたり綺麗に磨いたりします)

その他マウスピースとかも全て手作りなんです!簡単に説明しましたが実際はもっと奥深いです(^^)あとすごくハードな職業ですね(^^)

誤嚥性肺炎(スタッフブログ)

歯科衛生士の山口です 。

春の日差しが心地よい季節になりましたが 、いかがお過ごしでしょうか?

今回のブログは ” 誤嚥性肺炎と歯周病 ” について です!

誤嚥性肺炎とは 、本来食道に流れる食べ物や飲み物 、唾液が誤って肺に入ってしまうことが原因で起こる肺炎です 。
嚥下機能の低下した高齢者や神経疾患の患者 、寝たきりの方に起こりやすい病気です!

誤嚥性肺炎から見つかる細菌は 、歯周病原性細菌を中心たした口腔細菌が多いと言われています 。
飲み込む力や咳反射が低下していると唾液やプラーク(歯垢)が気管に入りやすく 、誤嚥を起こします 。

☆ 誤嚥性肺炎を予防するためには
・お口の中を清潔に保つ
・舌や口の周りの筋肉を鍛える
・全身の免疫力の向上

3〜4ヶ月ごとの定期検診でお口の中の汚れをリセットさせましょう( ´ ▽ ` )
お口を清潔に保つことは全身の健康にも繋がります!

目指そう!健康長寿(スタッフブログ)

こんにちは、歯科衛生士の浪尾です。

立冬も過ぎて段々と寒くなってきました。
皆さま体調はいかがでしょうか?

今回はお口の環境が全身の健康にどう関わっているか、その情報が一般の方にどれだけ広がっているのか、をお話しします(*^^*)

今年に入り当院では患者さま一人一人にお伝えしていることがあります!

*お口の中の細菌が容易に体に進入し歯原性菌血症を起こす!

赤く腫れたり、歯みがきなどで血が出るような歯茎の状態では簡単にバイ菌が歯茎から進入し、血流に乗っておよそ70〜90秒程で二の腕まで流れ、どんどん全身に行きわたります~_~;

慢性化すると動脈硬化、血栓ができる、血圧が上がる、血栓が剥がれると脳梗塞、心筋梗塞へと繋がります。
他にも骨粗鬆症や認知症など、他にも沢山の病気の原因になっています。

更に自己免疫が下がった時、例えば  病気、加齢、手術、入院、疲労、災害後などには誤嚥性肺炎になり致命傷になる事も…

*慢性微少炎症があると血糖値が上がる!

慢性的な炎症というと上記のような歯肉炎、歯周病、肥満体型の方なら常に脂肪細胞が炎症を起こしています。
炎症が続くと唯一血糖値を下げてくれるインスリンというホルモンの分泌が阻害されてしまいます。

お医者さんに「あなたは糖尿病ですよ!」なんて言われていなくても血糖値自体は上がっているのです。
糖が分解されていない甘〜い血液は血管壁を損傷させながら全身を巡り、知らず知らずのうちに体を老化させていきます。
また、甘〜い血液は糖毒性を持って、また炎症のある所に流れ込み、更に炎症を引き起こし負のサイクルの出来上がりです。

*歯が抜けると寝たきりの老後へ一歩前進!

人間は栄養のある食事を摂ってこそ元気です。
当たり前の事ですが、この頃は  赤、黄、緑  の分類の食品の中で  黄  が中心になっていませんか?
やはり食事はバランスよく!が基本です。
特に分類  赤  のお肉やお魚など脂肪の少ない動物性たんぱく質は骨格筋を作るのにとても重要です、もちろん歯を支えている顎の骨にも良いのです。
奥歯がしっかりあればいつでも食べられますが、グラグラしていたり、噛む歯が無くなっているのでは簡単に食べることは難しいでしょう…。
早めに歯医者さんで何らかの噛めるための治療をしてもらいましょう。
骨格筋が弱くなれば、転倒しやすくなったり、
支えがないと歩けなかったり、最悪寝たきりへと繋がってしまうでしょう。

歳を取っても美味しい物を食べて、自分の足でいろんな所に行きたいものですよね!

以上のこと全てが、毎日のお口の清掃と3〜4ヶ月ごとの歯科での清掃を合わせて行うことで、防ぐことができるでしょう!

3〜4ヶ月って、あっという間!
ですがお口の中のばい菌は汚れ自体がたくさん付いていないようでも、歯科での清掃後、初めは善玉菌主体の汚れですが、3ヶ月後にはその上に悪玉菌の膜(バイオフィルム)が乗っかってくるのです。例えて言うならキッチンの排水溝のヌメヌメ…これが炎症を引き起こしていきます。
排水溝が汚いと中の配管はどうなっていくでしょう…。汚れや菌は常に中に落ち込んでしまい、病気になって、いくら医科で抗生物質の点滴を続けても、お口が汚いと治るものも治らないでしょう。
なので、ちょっと触ったくらいでは出血しない炎症が無い歯茎の状態にしておくことが大切なのです。定期検診は上記のペースがベスト!

以上の事を私たちは毎日患者さまにお伝えしています。
お話ししていると「あ〜、最近TVでよくやってるやつやね」という言葉も聞くので、TVや雑誌、新聞など何かしらで情報を得ている人も少なからずおられるのでしょう!
頼もしい事ですが、まだまだ国民意識としては低い方なのではでしょうか…。

お口の環境を良くすることがどんなに大切かを、誰に聞いても当たり前の知識としてあれるような時代に早くなって欲しいものです(*^^*)

そんな中、小学生の娘が、嫌そうな顔をして学校から一枚のプリントを持って帰ってきました。
「明日採血がある〜(-_-)」とのこと。
小児生活習慣病検診   だそうです。
そのプリントには「口の中を清潔にしない」というのも、きちんと生活習慣病の原因に入っていました。
今の子供達が大きくなる頃には、歯科が治療に行くところではなく、

予防に行くところだという意識が当たり前になっていて欲しいものです。
そうなれば健康寿命はもっと増えるのではないでしょうか☆*:.

余談:採血当日、娘は同じ医師の所でインフルエンザの予防接種もあり、

「今日は2回目やな〜(笑)」と言われながら微妙な顔で注射を受けていました♪

歯科衛生士とは(スタッフブログ)

歯科衛生士の森田です。

まだまだ暑い日が続きますね!寒いのが苦手な私は暑い日が少しでも長く続いて欲しいと思っています(*^▽^*)
今回のブログは、歯科衛生士のお仕事についてご紹介したいと思います。
患者さまからは時々、「看護師さん」と呼ばれることもありますが看護師さんとは少し違っています。
歯科衛生士になるには、専門の大学か専門学校に3年から4年通った後に国家試験を受けます。
合格してからは個人の歯科医院や大きな病院の口腔外科に就職する方が多いです。
最近では歯科衛生士の需要は高まり、介護施設や保健施設などにも就職される方もいるようです。
クリニックによって様々ですが歯科衛生士は主に、歯科医師による診療の補助と、歯石を除去するなどの歯周病治療を行います。
クリニックにいらっしゃる患者さまは、みなさんそれぞれたくさんの不安や悩みを持っていらっしゃいます。
「直接先生には伝えにくくて…」と相談してくださることも多く、歯科医院で働く職種の中で最も患者さまとの距離が近い存在だと思います。ですから当院のスタッフは安心して患者さまの悩みを相談して頂けるように親しみやすくお声掛けするようにしています(*^^*)
歯科衛生士になったあともスキルアップの為にケアマネジャーや、介護の資格を取得する人もおり、さらに幅広い分野での活躍が期待される職業の1つです。
私も先日、日本赤十字で行なわれた救急法救急院基礎講習を受講し、AEDの使い方や緊急時の対応法などを勉強させてもらいました。
歯科医院にも重要な要素がたくさんあって、とても内容の濃い講習会でした。
先日、小さい頃から長年通って下さっている高校生の女の子が歯科衛生士の仕事について聞いてくださいました…♫
なんと歯科衛生士の学校に入ろうかと思っているとのことで、とても嬉しい気持ちになりました( ´ ▽ ` )☆
目標となれるような歯科衛生士を目指して、現状に満足することなく、日々学んでいきたいと思います(*^◯^*)

歯磨き粉(スタッフブログ)

こんにちは^^ 受付助手の内園です。
暖かく過ごしやすい季節になってきましたね。当院前の木太中央公園の桜も満開を迎え、受付にいても交差点に桜の花びらが舞っているのが分かり、春がやってきたんだなぁと実感しています。

さて今回は少し前に入荷しました新商品「Check-Up gel」をご紹介したいと思います。

こちらはお子様向けのフッ化物配合ジェル、つまり歯磨き粉ですね。このCheck-Up gelの良いところはフッ素塗布剤としても使用できるところです!

以前ジェルコートのご紹介のブログでも書きましたが、フッ素には虫歯を予防したり、歯を強くしたり、虫歯菌や歯周病菌などの活動を抑える効果があります。当院ではお子様には2~3ヶ月毎に高濃度のフッ素塗布をオススメしていますが、やはりそれだけで予防するのはなかなか難しいです。継続して使っていただくのが1番効果的なのですが、その際にご自宅で取り入れていただきたいのがフッ素配合の歯磨き粉を使っていただく事なのです。

そこでぜひご自宅での予防にお使いいただきたいのがこの「Check-Up gel」です。
まずなんと言ってもそのフッ素の配合濃度の濃さ!日本で販売可能なフッ素濃度は薬事法で1000ppm以下と決められているのですが、このCheck-Up
gelはぎりぎりの950ppm含まれています。(※バナナ味は小さいお子様でもお使いいただけるように500ppmになっています)
またジェルタイプなのでお口の中でひろがりやすく、すみずみまでいきわたるようになっています。研磨剤も入っていないので歯にも優しく安心してお使いいただけます。

そしてなにより味の種類が豊富!当院ではグレープ、ピーチ、レモンティ、バナナの4種類をご用意しております。実は私もこっそりグレープ味を試したのですが、正直な感想として「なにこれ…美味しい!」です。これ私が子供の頃に使ってもらってたら絶対歯磨き嫌がることなかっただろうなぁと思いました。美味しくてたまにこっそり使わせてもらってます。ちなみに当院での売り上げNo.1
グレープ、No.2 ピーチ、No.3  バナナ、No.4 レモンティとなっております。

<Check-Up gelの効果的な使い方>
・使用量

・洗口方法

ただフッ素を塗っているから大丈夫!ということではないです。何度も言いますが、1番大切なのは日々の歯磨きですよ~!!お子様が歯磨きを楽しくできるように、ぜひCheck-Up

gelをお試しください。あ、もちろん大人の方が使っていただいても大丈夫です^ ^

新人挨拶(スタッフブログ)

明けましておめでとうございます\(^^)/
今年もよろしくお願いいたします(^^)
皆様は良いお正月をお過ごし
いただけましたでしょうか?
私は香川県生まれ高松育ちで
今年も白味噌あん餅雑煮をいただきました\(^^)/

挨拶遅れましたが
去年9月末から歯科助手として入社
しました田中です。
毎日先輩方に助けられながら日々
頑張ってます。

ところで最近噛みしめてる方
食いしばっている方が増えてきました。

噛みしめくいしばりの原因は
ストレスと緊張からと
よく言われています。
ストレスを溜めないで!と言っても
最近はストレス社会といわれて
ますし難しいですよね、、、

★仕事中やスポーツ中や勉強中
★寝ている時         など。

私も仕事中やスポーツしてるとき
無意識にぎゅーっと
噛んでることがあります。
また朝起きたとき顎がだるかったり
頬っぺの内側に歯形(白い筋)が
入ってることもよくあります。
それはねてる間にくいしばって
いるのでしょう(´;ω;`)

1日のうち上と下の歯が
当たっている時間は15分から20分くらいです!ごはん食べてるときしか
当たらないのです!!
それ以外は安静空隙といって1ミリ
程度は上と下の歯が当たらないように隙間があいてます!
「私上下の歯当たってる!」と
思った方はできるだけ
離すように心がけてみてください。
元々当たっていた方だと
この少し隙間をあけることが筋肉痛の
ようになったりとはじめは
しんどいかもしれません(;_q)
でも歯と骨を守るために
してみてくださいね(^^)
◆噛みしめ・くいしばりから起こること◇
◎原因のわからない頭痛、肩凝り、耳鳴り
◎歯の根元、噛む面が削れて
しみる
◎亀裂が入り歯が割れてしまう
といったようなことが起こります。

このようなことに
ならないようにするためには
まずは意識して上下の歯を
離すようにすること!
ストレス発散!
マウスピース(ナイトガード)をはめて寝る!
ナイトガードは寝てる時のくいしばりを
防ぐことができます。
ただ寝るときに異物がお口の中に入るのでそれをはめて寝れるかどうかは
個人差があります!慣れるとはおもいますが、、(*^^*)型どりしたらすぐ作れますので気になる方はいつでも聞いてくださいね(^^)
ちなみに私のストレス発散方法は、、
お酒を飲む!ボウリングをする!お笑い番組をみてお腹抱えながら笑う!寝る・甘いものをたべる!です(笑)

という感じでたまに私のどうでも
いい情報とか入りましたが
噛みしめてるかも?くいしばってることあるかも?と思った方は
いつでもご相談してくださいね★☆

新人挨拶(スタッフブログ)

はじめまして!
歯科衛生士の山口です。
4月から衛生士として働き始めて5ヶ月が経ちました。毎日があっという間に過ぎていますが早く一人前の歯科衛生士になれるように頑張ります!

さて、8月に入り厳しい暑さが続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか?
夏バテ、熱中症対策でこまめな水分補給が大切な時期ですね(*^^*)

水分補給と言ってもお茶やお水、ジュースなどたくさん種類はありますが、みなさんは普段どのような飲み物を飲んでいますか(^O^)

お口の中には砂糖を大好物とする虫歯菌が住んでいます。その砂糖がたくさん入っているのがジュースです。
1日に摂っていい砂糖の量はお子さんで約15g、成人で約25gです。角砂糖で表すとお子さんは4個、成人は7個です。
普段何気なく飲んでいるジュースにはどれくらいの砂糖が入っているでしょう(°_°)
角砂糖で表して説明していきます。

・コーラ(500ml)…… 14個
炭酸にはたくさんの砂糖が入っているためジュースの中でも特に虫歯になりやすいです!

・ポカリスエット(500ml)…… 9個
体調が優れない時や水分補給のために飲んでいる方も多いと思いますが砂糖が入っているので飲み過ぎには注意です!

・オレンジジュース(500ml)…… 11.5個
果汁100%のジュースでも砂糖は入っているので虫歯になりやすいです!

*味のついたお水(いろはすなど)にも砂糖は含まれています!!

大切なのは砂糖の入っていないお茶やお水で水分補給をすることです\(^o^)/
ジュースを飲んだ後でも歯磨きをすること、歯磨きが出来ない時はお茶やお水でお口の中の砂糖を薄めることが虫歯予防に繋がります!

定期的な検診で虫歯がないかどうかチェックしに来て下さいね♫

歯科医院で働いてみませんか?(スタッフブログ)

こんにちは。フレンズ歯科クリニック副院長 昌山 佳代です。
だんだんと暑くなり、体調を崩しやすい時期ですがいかがお過ごしですか?
子供達にとっては楽しい楽しい夏休みが近づいてますが、お母様方にとっては大変な季節到来ですね。

さて、フレンズ歯科クリニックでは歯科衛生士さんを募集しています。結婚、出産を経てそろそろ仕事復帰しようかなとお考えの方、転勤で香川県に来られた方、新卒で働き場所を探している方。。。事情は問いません。
せっかくの国家資格を生かして、一緒に働きませんか?勤務時間も相談に応じます。
当院に興味を持っていただけたらまずはご連絡ください。見学等も随時受け付けます。
歯周病治療や予防歯科に力を入れていますので衛生士さんの力が必要です。患者さんを笑顔にする素敵なお仕事です。
一緒に頑張りましょう。