お問い合わせの多い内容のご返答や院内での出来事、また全く仕事と関係のないこと?などを思いのままに書き綴っていきます。

コラムに「スタッフブログ」をアップしました

こんにちは!
歯科衛生士 森田です。
オープニングスタッフとして入社し、15年が過ぎました。
最近では私の顔や名前を覚えていてくださる患者様もいて嬉しい反面、まだまだ知識不足なところもあり日々学ぶことばかりです。
8月もそろそろ半ばになり、猛暑が続きますが皆さん夏バテはしていませんか?
私はつい冷たいものや喉ごしのいいものに手が伸びてしまします…
しっかりと栄養をとって体調を管理しないといけませんね!
栄養をとるために必要なもの、それはしっかりと『噛める歯』です!!
筋肉や骨を作るのに大切なタンパク質の多いお肉や魚、ビタミンの豊富なお野菜や果物など栄養素がたっぷりの食品は繊維質であったりしっかりとした歯ごたえがあったり。
丈夫な歯があるからこそ食べられるもので、歯の健康が失われつつある患者様の中にはそれらのものが食べにくくなってきた…と相談してくださる方がたくさんいらっしゃいます。
歯周病により歯の周りの歯ぐきや骨が減ってしまうと自然と歯は揺れやすくなり、食べ物を咀嚼するのに充分な力を入れて噛むということが難しくなります。
そうすると人は次第に噛みやすく、飲み込みやすい柔らかい食べ物だけを選んでしまいがちです。
そのほとんどが炭水化物を中心とするもので食生活が徐々に栄養不足に傾いてしまいます。
そうなると歯の健康だけではなく、全身的な健康を保つことも困難になることもあります。
人はほとんどの栄養を口から摂取しますのでその口腔内が不衛生であったり不健康であっては全身の健康は叶わないと私は思っています。
最近では高血圧や糖尿病の改善にはまず口腔内が清潔に保たれていることが重要だ、ということもわかってきました。
当クリニックに通院してくださっている患者様にはそういったお話を何度もさせて頂き、まずは歯周病とはどんな病気か…や、噛めるということがどれほど大切なのかという事をまず知っていただけるようにさまざまなツールを利用しわかりやすく説明していきます。
昔に比べると歯医者さんに定期検診に来てくださる方はたくさん増えました。
ですがまだまだ、子供の頃に痛い思いをしたり、トラウマになった経験から歯医者さんに長年行けずに困っておられる方もたくさんいらっしゃいます。
そういった方が勇気を持って当院にいらしてくださった時に少しでも安心してお口の中をお任せ頂けるよう、スタッフ一同笑顔でお待ちしております(^^)
お口の中に少しでもお悩みの方はぜひ私たちにご相談ください♪
先日スタッフで焼肉屋さんへ!
たくさん食べてスタミナつけてきました(^^)v
フレンズ歯科クリニックのスタッフは元気いっぱいで皆様をおまちしております(笑)!

2019年GW期間中の診療について

お知らせ

2019年のゴールデンウィーク期間の当院の診療は

下記の期間休診にさせて頂きます。

大変ご迷惑をお掛け致しますが何卒よろしくお願い致します。

なお、救急の場合は「高松市歯科救急センター」が対応可能ですので

418takamatu.com のホームページをご覧下さい。

当院の休診日 4/29 ~ 5/6

(5/7より診療を開始致します。)

2019-04-30 10:57 その他 Comments(0) Permalink

新しいデジタルレントゲン装置

今日、午後の休診を利用しレセプトコンピューターとデジタルレントゲン装置の入替を行いました。

特にレントゲン装置は以前から入替をしたかった機器であります。レントゲンの画質は以前より格段に鮮明になりますので我々術者も読影しやすく、患者様にも非常に有益になります。また、機械自体もコンパクトになりましたので置き場所もスッキリしました。

2019-02-27 20:34 その他 Comments(0) Permalink

コラムに「猫」(スタッフブログ)をアップしました

こんにちは(^-^) 受付助手の内園です。
私事ではありますが、昨年から猫を飼っています。雑種の♂で名前は「コタロー」です。
コタローとの出会いは、実は当院の駐車場でした。スタッフの車のタイヤの横に隠れていたのを一時保護するつもりで預かったのですが、ほんとに可愛くて可愛くて…そのまま我が家のコになりました。
生まれた時が分からないのではっきりとは言えないのですが、保護した時でだいたい2、3ヶ月くらいかなと獣医さんに言われ、体重も800gくらいしかなくガリガリでした…。4ヶ月経った今は体重も2.5kgまで増えて、元気に家中を走りまわり、朝も餌をもらうため猫パンチして起こしてくれるくらい食欲旺盛です。
私はペットを飼うのが初めてのため、インターネットで事あるごとにあれこれ調べてたのですが、実は猫も人間と同じで乳歯から永久歯に生え変わるのです!皆さんご存知でしたか?

猫の場合、個体差はありますが、だいたい月齢が3~6ヶ月位で生え変わります。しかしながら猫の生え変わりに気づくことはなかなか難しいとのこと。なぜなら乳歯が抜けた所がしばらく穴の開いた状態になってしまう人間と違って、猫はまだ乳歯が生えているところに永久歯が生えてくるので、物を食べるのにも不自由はなく見た目にも気づきにくいのです。また、抜けた乳歯は猫がそのまま飲み込んでしまう場合がほとんどだそう。ちなみに飲み込んだ乳歯はそのまま便として排出されるので問題はありません。なので猫の抜けた乳歯を見つけるのはなかなか難しいそうです。

しかし幸運ながら、コタローの乳歯を手にすることが出来ましたー!少し前からコタローからなんか口臭がする…と思い口の中をみてみると、右下(犬歯)に揺れている乳歯と半分くらい生えた永久歯があったので、もうすぐ抜けるのかな?と思っていたら、翌日たまたまカーペットに落ちているを発見しました!また別の日にも見つけて計3個、記念に残してます。

(分かりづらくてすみません…)
コタローもこうやってどんどん大人になっていくんだなーと、なんか我が子の成長を見守る世の中のお母さんの気持ちが分かった気がしています。
乳歯が抜けて永久歯が生えるのに個人差があるものと分かってはいるのですが、生え変わる時期や生える順番、場所が人と違うと不安になりますよね?そういう時はインターネットで調べるのも良いですが、「百聞は一見にしかず」です。検診に来てお口の様子を診せていただき、不安に思う事を私どもにご相談いただければ…と思います。
当院と一緒に将来がある我が子(我が猫?)の歯をしっかり守ってあげましょう!

歯科技工士とは(スタッフブログ)

こんにちは!朝夜が涼しくなり過ごしやすくなりましたね。たまに蒸し暑いときもありますが
体調は崩されてないですか?

歯科助手の田中です。

今回のブログ内容は、、、
前回先輩が歯科衛生士について書いてましたので私は歯科技工士について書きます。
実は私は助手として働いてますが数年前までは歯科技工士として技工所で働いておりました!

みなさん技工士って何?って思うかもしれませんがお口の中みてみると差し歯、詰め物、入れ歯など入ってませんか??
それを作っているのが技工士さんです(^^)
技工士ってどうやったらなれるのか軽く説明しますね(*´∀`)♪

高校卒業したあとに専門学校2年間通います!
国家資格をとり就職です!
専門学校のあとにトレーニングセンターといってさらに上の学校を目指す子もいます。
大学でいうと大学院みたいなものですね(^^)
就職先は技工設備のある歯科もしくは歯科技工所です(^^)
あまり目立つ職業ではありませんがやりがいのある職業です!!今技工士が不足しているみたいです、、、(´;ω;`)
年齢も関係ないので気になる人は聞いてくださいね(^^)

次はどうやって作ってるのかというと
歯医者さんで粘土みたいなもので歯形をとりますよね?
その歯形が技工所へきます!
そこから模型を作り~差し歯や詰め物だと専用のワックスを模型に盛っていき歯の形を作ります。それから鋳造します。出来上がったものを模型上で細かく調整して綺麗に磨きあげます(^^)

次は入れ歯です!!
これも一緒で模型作りから始まりクラスプ(歯にひっかける金具)を作ったり歯を並べたり、、、。
高さ決めを~ってなるときはレジンでベースプレートというものを模型上で作りその上にワックスの土台を作ります。だいたい技工所で模型に合わせて高さをいい感じにしてますがあとは歯医者で口腔内で院長先生に調整してもらいその高さで歯を並べて歯茎の部分を作り完成という感じになります!(鍋でたき、ワックスの部分を歯茎の色ピンク色(レジン)に置き換えたり綺麗に磨いたりします)

その他マウスピースとかも全て手作りなんです!簡単に説明しましたが実際はもっと奥深いです(^^)あとすごくハードな職業ですね(^^)