妊婦さんへ

妊婦さんへ

妊娠おめでとうございます。これからの期間は母親の口腔内環境が母子の健康に大きな影響を与えるかもしれない重要な時期になってきます。

大きなトラブルにならないように正しい知識と正しい予防法を身につけて頂きたいと思っています。

妊娠が与える口腔内の変化

妊娠中は女性ホルモンの増加により歯肉炎や歯周病になりやすくなります。また、つわりによって食事の回数が増え、吐き気がして歯が磨けなくなるなど口の中が汚れやすい状態になります。

唾液の分泌量も減るために本来の自浄作用能力が低下し、口腔内を中和する能力も落ちてしまいます。
そのため、歯周病になりやすく歯周病菌が炎症性の高い物質や子宮収縮作用のある物質を産生します。そのため早産や低体重児出産を起こしやすくなると言われています。

歯科医院での検診をお勧めします

  • 虫歯の有無
  • 歯茎の状態
  • 口腔内の細菌の状態
  • 正しいブラッシングができているかどうかのチェック。
  • 歯石取り
  • PMTC(歯のクリーニング)
  • 生活習慣指導

治療に関して

妊娠前に治療を完了しているのが理想的ですが、妊娠中でも治療内容によれば可能なことがあります。安定期かどうかを考慮し、積極的に治療をするか応急処置にとどめるかを相談します。
一般的にレントゲン撮影や麻酔も悪影響はほとんどありませんが極力避けます。

高松市の助成による「妊婦歯科健康診査」も随時受け付けています

高松市に住民票があり、妊娠期間中であれば、1回のみ受診することができます。但し、検診内容に制限がありますので「歯石取り」などはできません。

●詳しくは高松市保険センターのページへ
妊婦健康診査:高松市 http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/3467.html

成人歯科健康診査も高松市より毎年実施されております。当院においても受診可能です。お気軽にお問い合わせ下さい。

●詳しくは、高松市保険センターのページへ
成人歯科健康診査:高松市 http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/3498.html